将来に対する、心の安全余裕率。

Posted by sdcal on 6月 2nd, 2015 — Posted in 未分類

正社員として定年まで働いた場合、平均の生涯収入は二億円。それが非正規(フリーター等)になると半分の一億円。
そんな話を大学の講義か何かで聞かされた覚えがあります。普通に正社員として働いて二億円…。年収が300万で、約40年働いて、ボーナスやらがあれば、だいたいそれぐらいの稼ぎにはなります。これなら結婚して子供をもって、家やら車を買って…。そんなごくありふれた人生を送る事も確かに出来そうです。

しかし実際、私の場合は年収が300万もないし、ボーナスが出る事もほとんどない。賃金レベルはほとんどフリーターと同じような状態です。一応、正社員扱いですが…。今の若者、そういう人が決して少なくないのではないかと思います。このままいけば何千万もする不動産を購入する事は…おそらく無理でしょう。

一応働き口があるし、健康を害しているわけでもない。収入が少ないと言ってもなんとか生活が出来ないわけではないし、例えば結婚をしようと思っても、経済的に決して無理なわけではない。恵まれていると言えばそう思ってもいい状況なのかもしれません。もっと稼ごうと思えば、ありがたくも他の職業を選ぶ選択肢もありました。それでも今の生活を選んだのは自分自身で、その現状に不満を言うのは筋違いのように思います。

それでもどこか将来が不安で、心の安全余裕率というか、それがどうも不安定である…。目下のお金の悩みといえば、そういった感じでしょうか。

あまり多くの収入が望めない。ではどうするか?
やはり、いかに支出を減らすか。ということに限ります。例えば何千万もする不動産を買うことが出来ないのなら、いかにして安く不動産を手に入れるのか。今それを真剣に考えています。そのために大きな武器になるのは「情報をどれだけ味方に出来るか」という事であると思います。不動産購入を不動産屋に任せっきりにして言われるがままにお金を支払うのではなく、様々な情報を得ることが出来るインターネット等を駆使して「中古マンションを安くで購入する」のか「ずっと賃貸を借り続ける」のか「とりあえず手ごろな土地を購入して安くてもいいから上物を後から建てる」のか…。もちろん、いくらインターネットを駆使してと言っても限界はあります。そこからはやはり、身近にいる人達の話を聞くのが一番いいです。インターネットでも実体験でも、とにかく情報を集める。私にとっては苦にはならない作業なので、将来的に何かの形に繋がらなくても、見聞を拡げるという意味でも、けっこう楽しみながら情報収集に励んでいます。

将来に対する心の安全余裕率を満たすためには、実際に今出来るだけのことをする事。そうしているうちに、なんとなく選ぶべき未来が見えてくるようにも思えます。

お金を借りようと考えた時、今の自分の収入でいくら借りれるのかまず調べました。年収にコンプレックスがあったので余計にきになりましたね。

ちなみにこういったところです。⇒いくら借りれる

多くの方に利用されているキャッシングは、他のものよりも審査が相当に速いため、即日キャッシングによる対応がやれる時間の範囲で、決められているいくつかの契約や手続きがすべて完了できているようなら、すごく助かる即日キャッシングで振り込んでもらうことができるのです。
昔と違って現在は、身の回りにいろんなキャッシングローン会社を見かけます。CMや広告をよく見かける消費者金融なら聞いたことがある商品名、ブランドであり、悩むことなく、申込手続きを決断することが可能では?一度検討してみてください。
会社それぞれで、条件が指定時刻までに定められた手順が終わっている場合に限る、なんて決められているので注意が必要です。絶対に即日融資が必要なら、申込の一つの条件の締切等についてもしっかりと把握してください。
以前と違って現在は、忙しい方など、インターネットで、画面上に表示された項目を漏れなく入力していただくだけで、融資可能な金額や返済方法を、シミュレーションをしてもらうことができるなんていう非常に親切なキャッシングの会社もあって、申込の手続きっていうのは、実はとっても気軽にできるから心配はありません。
借入の審査は、ほとんどの業者が正確な情報を得るために加入している膨大な情報量の信用情報機関を基に、融資希望者の信用情報を確認して事故などがないかを調べています。あなたがキャッシングで融資してもらうには、必須となっている事前審査に通らなくてはいけません。

 

 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ